11 リスク・マネジメント

  • プラスとなる事象の発生確率と影響度を増大させる
  • マイナスとなる事象の発生確率と影響度を現象させる

計画プロセス群

監視・コントロール・プロセス群

補足

既知のリスクと未知のリスク

  • 既知のリスクは、特定され、分析されたリスク。対応計画を立てられる。
  • 未知のリスクには、コンティンジェンシー計画を作成する。

プロジェクト・リスク

リスク許容度

組織やステークホルダーが受け入れてよいと考えるリスクの度合い。

リスク態度

  • 個人やグループは、リスクに対してそれぞれの態度(取り組み姿勢)を持っている
  • リスク態度は、対応方法に影響を及ぼす

知識

リスク・マネジメントのプロセス