タックマン・モデル

チームの5つの発展段階を表す。

1.成立期(フォーミング Forming)

  • グループが出会い、探り合いが始まる。
  • チーム・メンバーが、個々に独立しており、心を開いていないことが多い。

2.動乱期(ストーミング Storming)

  • 意見を発するようになる
  • 異なる考えや観点に対して、敵対心もしくは反抗心が芽生える。

3.安定期(ノーミング Norming)

  • 一緒に活動する段階。
  • 他人の考え方を受容する。
  • 目的、役割期待等が一致しチーム内の関係性が安定する。

4.遂行期(パフォーミング Performing)

  • よく組織されたチームとして機能する段階。
  • チームに結束力と一体感が生まれ、チームの力が目標達成に向けられる。
  • 遂行期はマズローの自己実現の欲求の段階と類似している。自己統制が可能で、チームの能力を最大限発揮できる。
  • 自己実現の欲求とプロジェクト目標の遂行プロセスとを一致させることが重要な段階

5.解散期(アジャーニング Adjourning)

  • 目的を達成し、プロジェクトから離れる。

関連ページ

人的資源マネジメントの関連知識