商品を購入するかどうかにかかわらず、来店者全員に景品をプレゼントすることは、総付景品に関する規制に従う必要があります。

結論から言うと、

  • 200円
  • または通常行われる取引の最低金額の20%

のいずれか高いほうが景品の上限金額になります。

つまり、200円以内であれば、どんなお店であっても、景表法の範囲内です。

200円以上を付与できるケースとして、例えば、宝石商などで、お店に置いてある一番安い商品が1万円だとします。そうすると、1万円の20%で、2000円が上限となります。

例外

サンプル品や開店記念品は例外となる場合があります。詳しくは総付景品に関する規制をご確認ください。

告示



Site Master : bluesnap