• 不動産の広告において、いわゆる「おとり広告」は禁止されています。
  • おとり広告とは、「実在しない」「取引できない(売約済み)」「取引する意思が無い(他の物件を勧める)」物件を宣伝し、消費者を呼び寄せるものです。

おとり広告の手口

禁止されているとはいえ、おとり広告はあちこちで見られます。

  1. 相場よりとても安い物件を掲載
  2. 電話やメールで問い合わせると、「とりあえず当店にお越しください」と言われる。
  3. 不動産屋に行くと、「残念、さっき決まっちゃったんですよ」「この物件は水漏れがひどいんですよ」と言われ、見学することができない。
  4. 別の物件を勧められる。


Site Master : bluesnap