下記のように原産国を判別できない場合には、原産国を明記しなければなりません。

  • 原産国以外の国名・地名・国旗を使っている場合
  • 原産国以外の企業・デザイナー・商標を使っている場合
  • 国内産の商品に対して、主に外国語を利用している場合
  • 外国産の商品について、主に日本語を利用している場合

※誤解を生まないようにするためには、たとえ義務付けられていなくても、全ての商品に原産国を記載すると良いでしょう。

  • 原産国の記載がないフランスの国旗のデザインの服は、実は中国製であった。
  • 外国製のパッケージを真似た国内産の商品に対して、国内産であることを記載していなかった。


Site Master : bluesnap