2013年4月23日

「小顔に矯正」を宣伝文句とした整体サービスが実際には効果が無いとして、消費者庁は一般社団法人「美容整体協会」に対して、再発防止を命じました。

「小顔矯正は即効性と持続性に優れた施術です」
「骨に働きかけて、ほうごう線を詰めるだけでなく、えらの骨やほお骨に優しく力を加え内側に入れていきます」

とホームページで宣伝していたものの、消費者庁が事業者に確認したところ根拠が示されなかったため、このような判断になりました。

このサービスによって、去年4月までの1年間に2億円の売り上げがあったとのこと。

先日は「たかの友梨に改善指示」がありました。エステに関する不当表示(端的に言えば「嘘の広告」)はまだまだ氷山の一角だと思います。



Site Master : bluesnap